困惑のラストショット?

カーリングワールドカップのグランドファイナル初日は、JJが10-1でロコに圧勝。JJのショット成功率98%では笑うしかない。次がんばりましょう。

中国のチームもいい感じでアメリカに勝っていた。王冰玉しか知らなくて申し訳なかった。客席を隙なく子供で埋め、タイミングを合わせて一斉に歓声を上げさせるという昔ながらの共産国っぽさも良かったし、早々に決着をつけてくれたおかげで、他のシートの映像も流れてラッキーだった。

なんだかよく分からなかったのはミンジとハッセルボリの試合だった。最終エンド、韓国のストーンがナンバーワンなのに、ラストロックでハッセルボリはガードを置きに行く。後攻の韓国チーム全員の頭の上に、はてなマークが浮かんでいるような気がした。

仕方がないので、ミンジはだめ押しで相手のナンバーツーストーンを払いに行くんだけど、これがまた上手い。いいプレイは観られたけど、あれは何だったんだろう。明日も楽しみ。