PEVO Interview 2 / 目的

―― まずPEVO星人が地球にやってきた目的を教えて下さい。

1号 はい。それは地球を侵略するためです。

―― えっ、あんたら侵略しに来たの?

1号 ええ。ライブでも「ワレワレのモクテキはチキュウシンリャクである」って言ってるんですけど。

―― それマジすか。止めてくれないかなぁ、迷惑だから。宇宙人の侵略とか今時ないですよ、SFだって。

中野ブロードウェイ2階「A-ライセンス」にて。店内はハロウィーン仕様。
地球を侵略に来たというPEVO星人。「A-ライセンス」の店内はハロウィーン仕様だった

1号 でも、着々と進んではいるんですよ。すごく遅いだけで。いろいろな情報も集まっていますし。

―― 進めなくていいですから。それで何をやっているんですか?

1号 10年に1人くらい拐っては還してみたいな。

―― 拐って還したら侵略にならないでしょうに。

4号 では侵略というのはどうすればいいんでしょうか?

―― まずホワイトハウスの上に円盤で現れてください。それで熱線なんかで建物を破壊するわけですよ。それが宇宙人の基本。

1号 我々もアメリカの調査は万全に行なっているつもりです。何度もアメリカ人をPEVO星に招待していまして。先日の儀式で返還したヴォルキス・プロラデュークはあなたもご存知だと思いますが。

―― あの人はですね、コテコテの日本人です。アメリカには日系の方も大勢いらっしゃいますし、日本にもアメリカ人はいますけど、あの人は足立生まれでコテコテです。

4号 それマジすか。

―― マジっす。実際、英語話せませんから。そういえば僕ら、いま普通に日本語で会話してますけど、何でですか?

4号 あの、これは地球語じゃないんですか?

―― 地球上でも、ほぼ我が国でしか通じないローカル言語の、日本語です。

4号 でも世界地図を見ると真ん中にあるんですけど。

―― あれは日本で売っている世界地図だからですよ。あのね、あなたたちは一体どういう諜報活動をしているんですか?

1号 ラジオとかテレビとか映画とかで、ねえ?

4号 僕はサンテレビで地球語を覚えました。

1号 ああ「おとなのえほん」とか。

4号 そうそうそう。あれは本当に勉強になったなあ。

―― 何の勉強ですか。

4号 あ、でも我々はテラヴス(#1)には“フォルメき(#2)”ませんから。PEVO人には男女の区別もないですし。

#1 「地球」あるいは「地球人」という意味
#2 日本語の「ときめき」とほぼ同じ

―― ではPEVO星人と地球人の婚姻例はないんですか?

1号 ないです。

4号 というか“スポット”があるので。