北海道生活も2ヶ月半を過ぎ、除雪はウインタースポーツであるという認識を得た。ついてはウェアと道具に拘りたい。雪を射出する際の腰の動きをサポートするビブショーツとか、旧ソ連の廃棄ミサイルを再利用した軽量高剛性チタンショベルのようなもの。

 カーリングが面白いのは、冬の間の暇つぶしとして始まったものが、ボトムアップで広がって行ったことであって、地域密着型の成り立ちはサッカーや自転車と同じ。同じように除雪を競技化する方法、なんかないかなと考えてる。でも、最高気温がプラスに転じる日が多くて、もうすぐ冬も終わる。というか北海道最悪の季節サンガツに入り、この薄汚い季節をどうにかしてやり過ごさなければならない。

 イオン一択かと絶望しかけた買い物事情だが、イオンにはカルディが入っていた。これでいつでもヌテラが買える。壊滅した個人経営の八百屋や魚屋は、コープさっぽろがカバーしていた。さすがは道内ナンバーワンスーパーにして日本一の大規模生協。恵方巻きを山のように陳列して、原発NO!の電力広告を貼り、時給800円台でバイトを募集する、社会主義市場経済の成功例のように見える興味深い箱庭。

 この時給で労働局から怒られないのは土地が安いから。冬は暖房に金がかかるし、移動に車は欠かせないが、二十代であっても結婚すれば家を建てられる。生活コストの低さ以上にお金を使う場所がない。街の中には映画館もなければ本屋もないし、レコードや楽器の専門店も消えた。

 だから入ってくるものは残る。なにか予想を超えて残りまくっている。それが実家パワーだ。我が国も核家族化抑止策を打ち出し、せめて百年は持つような家の作りにすれば、社会保証のコストは下がり、ベーシックインカムのようなものも考えなくて済むんじゃないか。だが余った金を大規模パチンコ店がブラックホールのように吸い上げている現状は、恵方巻きよりロスが大きい。

 そして相変わらずわが町ではBMWを見ない。一体何をやらかしたのかと思わないでもないが、MINIはそこそこ走っている。次期主力通勤車には、4WD、360度モニター、長距離巡航性能、高燃費、300万円までという上からの要求をすべて満たすアクセラの採用が有力視されているが、下から上がってくるロードスターRFの導入論も止まない。買わずに悩んでいる状態が一番楽しいのでもう少し続く。