1st magazoff

 昨日、ショップメカノ様にファーストマガゾフを設置いたしましたのでお知らせします。このブログに掲載されたPEVO Interviewに、メカノ中野店長の推薦盤コーナーが付いた内容で、B5サイズ、16ページ、フルカラーというスペックになっております。フリーペーパーですので、どなたでも無料でお持ち帰り頂けます。

 それに際して、Twitterでお問い合わせの多かった事項への答えをまとめておきます。

 まず、我々はマゾ社ではありません。我々のアイコンを今一度、よく御覧ください。そこに2本の罫線が横に引かれているのが分かりますね。これは横に読めという信号であります。決して縦に読んではなりません。もし掟を破って縦に読んだとしたら、あな恐ろしや。必ずやあなたの身辺に何がしかの不幸が。

 そして、今回のファーストマガゾフはフリーペーパー、かつメカノ様設置専用として開発を進めてきたものであり、マガゾフ社として通販の対応はいたしません。メカノに来られない方、すみません。その代わりに、pdfのフリーダウンロード版を準備しております。これは出来次第アナウンスいたします。

 部数は1000部用意しております。ヴォルキス・プロラデュークのイベントを控えているため、早々に無くなってしまうのではないかと心配されている方も多いようですが、そう簡単にさばける数ではありません。ぜひ余裕を持ってお出かけ下さい。

 蛇足になりますが、マガゾフがメカノ様設置専用であるのは、やはりPEVOの1stがメカノ様専売であること。これを契機に、ぜひ皆様にお店へ行っていただきたいという事であります。地獄の責め苦のような楽しい品々があなたを待ち受けているはずです。

 メカノはココです→ http://members3.jcom.home.ne.jp/mecano/

 2013年1月8日、デザイナーの中井敏文、ライターの四本淑三の共同出資により「マガゾフ社」が設立されましたのでお知らせします。資本金は30000円で、出資比率は1:1。業務はマガゾフのデータ編纂です。

 最初のリリースは昨年末に公開したPEVOインタビューに、中野店長による推薦盤コーナーが付いたものになります。これを印刷して店頭に置いてもらう、というのが当初からの計画でしたが、実際に印刷するにあたり、

 四本: そういやお金かかるんだよね。ちっちゃく薄くして虫めがねで読んでもらうとかどうですか。  中井: えっ。

 のような会話がなされ、私はデータとフィジカルの違いを知ったのでありました。本来は言い出しっぺが負担するのが筋ではありますが、私の財政事情を憂慮する中井さんが割り勘を申し出てくれたため、最前のようなマガゾフ社設立となったわけであります。

 社となったからには、継続的に何かやりたいわけです。乗れる話なら、我々はデザインも文章も息をするのと同じ勢いでこなせる(その逆は窒息する)ので、あれこれ思案中です。今のところプランは3つほどあります。

 ところでマガゾフというのは、PEVO語辞典によると「PEVO星の歴史、またはそれを記した記憶装置。マガゾフのありかは極秘だが、PEVO人ならばいつでもアクセス可能」とあります。

 もちろんマガゾフ社の名前もそれにちなんだものです。地球上にPEVO人が存在する以上、その歴史もマガゾフに記録されるべきであり、そのデータを集めるための回遊が、我々の日常業務になります。

 地球におけるマガゾフの在処もPEVO星同様に極秘ですが、そもそも地球人は我々が言うところのマガゾフという言葉を知りませんので、極秘にする必要がありません。

 したがって、中野ブロードウェイ3Fのあのお店へ行き、合言葉の「マガゾフありますか?」を笑顔で店長に囁いていただくと、簡単にタダでもらうことができます。通りがかりのテラヴスには、よくある薄い冊子にしか見えないでしょうが、分かる人にはマガゾフと分かるようになっています。

 その際にできれば何か他のものをお買い上げいただくと、我々も嫌がられずに済みますので、何卒よろしく。あのお店の店頭に配置されるのは今月21日以降になる見込みです。

 さて、大晦日の高円寺HIGHでのカウントダウンイベント。前日の夜にPEVO星人からUstream中継をするよう命じられ、私は手持ちの機材を持って出かけました。

 当日はHIGHに併設されているAMP Cafeも開放され、PEVOカフェに変身。「PEVO星人推奨カレーパン」(近所のパン屋さんで仕入れたカレーパンにステッカー貼っただけ)、PEVO年越しそば(緑のきつね、どん兵衛天ぷらそばにステッカー貼っただけ)、コンペリタンチップル(ハートチップル開けただけ)などが供され、さながら学園祭の模擬店のよう。次やるときはカレー作って出すとかどうなんだろう。飲食店営業の許可がいるけど。私はゆず茶が美味しかったです。

(追記: 飲食店営業登録してあるのでカレー販売は大丈夫とのことです。やった!)

 で、AMP CafeとHIGHって、ドア一枚開けるとつながってるんですな、知らなかった。お客さんはフロアとカフェを行ったり来たり。私は2階の照明さんのとなりに機材を置いて、そこから観ていました。

 このライブの冒頭に映像が流れるんですが、顔は分からないように撮られているものの、宇宙人を目撃した証言者として、声を聞けばすぐに分かる某ケンソウさんとか、アメリカ人の某さんも出演。

 ケンソウさんの証言は、12/22の中野テルヲさんのライブ終演後の打ち上げで撮られたもので、さすがプロ、いきなり振られてアドリブでよくこれだけ喋れるもんだなと感心して眺めていたんですが、途中でばっさりカットされていて笑ってしまった。

 それを撮ったのが永田雅之さんで、当日は私の隣で映像を出していたんですが、この方、映像制作会社の社長さんです。前回のヴォルキス・プロラデューク返還の儀式のムービーもこの方の仕事です。

 このように地球人のパワーをいいようにタダで使って成立しているのがPEVOのライブなのであります。

 PEVO星人からのお年玉ということで、このUstreamの録画が期間限定で公開されています。DEVOのエナジードームを被った横川理彦さんと、後にPEVO 55号と命名される三浦俊一さんがゲストで参加されています。

Video streaming by Ustream